きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、プラレール





きかんしゃトーマス プラレールの安い順はコチラ!





トーマスプラレール.jpg





「青いプラスチック製のレールの上を単2乾電池1本で走る3両編成の列車」が製品の基本構成である(一部この原則に当てはまらないもの(1・2・4両)も発売されている他、セット品で6・7両編成も発売されている)。

鉄道の好きな子供を対象として作られているが、子供に買い与える世代となった親が再び収集・改造などを行うような場合も見られ、ネット上には多数のファンサイトが存在する。そのうえに少子高齢化の流れの中、タカラトミーにしても販路を拡大するため、名鉄モ510形電車のような「大人向け」車両を出すようになったといわれている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋


posted by だいぶらんど at 20:14 | Comment(28) | TrackBack(10) | きかんしゃトーマスプラレール

きかんしゃトーマスのおもちゃいえば、トーマスエンジンコレクション





きかんしゃトーマスエンジンコレクションの安い順はコチラ!




トーマスエンジンコレクション.jpg




バンダイ社プレイトイ事業部からトーマスエンジンコレクションシリーズ(通称TEC)として商品化され現在も発売中。始めからレールシステムは考慮しない手遊びの玩具(初期は電動客車か電動クレーン車で推進走行する遊び方も提供されていた)として企画しつつ、統一した縮尺でキャラクターの大小の正確な比較が出来、大人の鑑賞にも堪えうるディテールを与え、コレクションシリーズの名に恥じない品質を実現、その為幼児向き玩具としては高価。また幼児でも扱いやすい特許のマグネット連結器のシステムが、せっかくのプロポーション再現をぶち壊しているのは残念。展示台兼用のお遊びステージ(商品名ではない)として「ティッドマウス機関庫」や「ナップフォード・ステーション」などが商品化されている。レールシステムはほとんどないといえるほど貧弱で鉄道玩具と呼びづらいが、連結器のシステムが存在することと車両そのものの完成度を考慮して紹介。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、トミカ





きかんしゃトーマス トミカの安い順はコチラ!





機関車トーマストミカ.jpg




タカラトミー社からトミートミカシリーズのバリエーションとして商品化され現在も発売中。本来、自動車模型、ミニカーブランドのトミカだが営業の事情でミニカーファンが唾棄する機関車なども古くからラインナップされていた。その延長上の商品がトミカ・トーマスシリーズといえよう。プラレール以上の割り切りのよさで、大きい機関車は小さく作り、小さい機関車は大きく作り、出来た玩具はパーシーからマードックまでさほどサイズが変わらない。これでは子どもに本来のサイズを見失わせる問題がある。これを許せるかどうか?。本来トミカなのでレールシステムは無く、連結機能も持たないので鉄道玩具とは呼べないが、サウンドアクション付ブック型プレイマップなどレールシステムに代わるマップが数種類発売されているので紹介した。
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマストミカ

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、ダイヤブロック


ダイヤブロック.jpg









ダイヤブロック(DiaBlock)とはとは日本の河田が発売しているブロック玩具の商品名である。

1962年に発売開始され、今では日本においてはデンマーク企業のレゴと並ぶシェアを占めている。
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスダイヤブロック

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、木製レール






「きかんしゃトーマス木製レール」を価格順で探す








アメリカのラーニング・カーブ社製「トーマス木製シリーズ」は、日本ではソニー・クリエイティブ・プロダクツが正規輸入元として発売している。木製品のぬくもりと素朴さに加え、テレビキャラクターにとどまらず原作のみ登場のキャラクターまで商品化されており、キャラクター・バリエーションは日本産のどのシリーズ玩具より多いのも魅力。レールシステムも多数の種類があり情景部品もソドー島ならではのものが多数発売。また特定エピソードを再現したテーマセットも数種発売中。いいことずくめのようだが、価格が高いのと木製ゆえにかキャラクターは特徴はよく捕らえているが似てないのが欠点。しかし対象年齢の幼児には夢中にさせられる魅力がある。後述の「トーマス テイクアロングシリーズ」の登場により、近年は手遊びを卒業して自走するシステムへ変化を始めている。木製品のぬくもりと自走メカニズムの内蔵という相反する特徴を持つようになって今後の展開は興味深い。高価格ゆえに並行輸入商売が成り立つのでソニー・クリエイティブ・プロダクツ以外にも輸入を手がけている業者が多い。
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマス木製レール

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、パズル






「きかんしゃのトーマスパズル」を価格順で探す









ジグソーパズルのジグソーとは、英語のjigsaw(糸鋸、いとのこ)のことであり、元々このパズルが木の板を糸鋸で切って作られたことからこの名がついた。1760年頃に、ロンドンの地図職人で技師のジョン・スピルズベリによって最初にジグソーパズルが作られたと考えられている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスパズル

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、ゲーム





きかんしゃトーマス ゲームの安い順はコチラ!




トーマスゲーム.jpg





松田道弘はその著書『トランプの楽しみ』で、「遊戯としてのゲーム」の定義として「勝敗を争う事で楽しむ遊戯」という定義を採用している。この定義は単純明快であり、かつ言い得て妙である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスゲーム

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、文房具






「きかんしゃトーマスの文房具」を価格順で探す








文房具(ぶんぼうぐ)とは文字・記号・図面・絵などを含んだ文書を主に手書き/手描きによって作成する上で必要な道具、あるいはこれを補助する道具。「文房」とは書斎の意。筆記用具、文具、ステーショナリーともいう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマス文房具

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、カレンダー






「きかんしゃトーマスのカレンダー」を価格順で探す









暦(こよみ、れき)とは、時間の流れを年・月・週・日といった単位に当てはめて数えるように体系付けたのが暦である。また、その構成の方法論(暦法)や、それを記載した暦書・暦表(日常生活上の日本語でいわゆる「カレンダー」)をも指す。さらに、そこで配当された各日ごとに、月齢、天体の出没(日の出・日の入り・月の出・月の入り)の時刻、潮汐(干満)の時刻などの予測値を記したり、曜日、行事、吉凶(暦注)を記したものをも含める。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスカレンダー

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、おかし






「きかんしゃトーマスのおかし」を価格順で探す








菓子(かし)とは、甘味や塩味など味覚強調し、あるいは食感など触覚に工夫し、各種の匂いで嗅覚など食味感覚の嗜好品として製造、調理された食品である。

一般に穀類の粉を練り焼くあるいは蒸すなどしたビスケットや饅頭、糖質を主体としたキャンディやチョコレート類、アイスクリームなどの冷凍菓子などを含めて菓子とされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスおかし

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、じてんしゃ






「きかんしゃトーマスの自転車」を価格順で探す







自転車(じてんしゃ)とは、狭義では、二つの車輪がついている、自走できる動力源が付いてない乗り物をさし、広義には車輪の数に関わらず、人力を主たる動力源として車輪に伝えて移動するものをさす。

人や地域によっては「じでんしゃ」と発音、呼称されることもある。また俗語で「ちゃりんこ」あるいは「ちゃり」と呼ばれることも多い。名古屋を中心とした中部地方の一部では「ケッタ」とも呼ばれている。また、かつては銀輪という美称も使われた。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマス自転車

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、かるた






「きかんしゃトーマスのかるた」を価格順で探す









かるた(歌留多)は、ポルトガル語のcarta(英語ではcard)に由来し、元々はトランプなどのカードゲーム一般を指した。現代では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。

歌がるたともいわれる百人一首の場合、読み札には短歌が書かれ、取り札には下の句が書かれている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスかるた

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、トランプ






「きかんしゃトーマスのトランプ」を価格順で探す









トランプ(trump)は室内用の遊び道具。欧米ではプレイングカード(英語:playing cards)などと呼ばれている。手品(マジック)の小道具としてもよく用いられている。

トランプとは、本来切り札を意味する言葉であるが、明治時代にプレイングカードが日本に輸入されたとき、トランプという呼称で定着した。トランプゲームの一種であるトリックテイキングゲーム(コントラクトブリッジなどが有名)の愛好家の間では、切り札という意味でトランプを使うため、プレイングカードと呼ぶことが好まれている。

世界四大ゲームにもトランプが含まれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマストランプ

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、服






「きかんしゃトーマスの服」を価格順で探す







衣類(いるい)とは、雨、風、紫外線、寒さといった気象条件から肉体を保護するため、人が身に纏うもの。 この保護機能に加えて、人がその富や権力を誇示したり、一定の組織に属していること又はある思想信条を有していることを象徴する意味を持つ場合もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマス服

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、くつ






「きかんしゃトーマスのくつ」を価格順で探す








靴(くつ)とは、履物の一種。日本では主に西洋靴の事を指す。

助数詞は『足(そく)』。
材料は皮、人工皮、ナイロン、布、プラスチック等。
足は一日の中でも時間と共に大きさが変わる器官である。最も大きくなるのは15時頃で、起床直後と比べて体積が約19%大きくなる。
その為、革靴以外の殆どの靴には靴紐やマジックテープで内径を調整する機能がある。
『靴は夕方に買え』という諺は、足のこの生理現象に因んでいる。浮腫んだ状態の足に合わせておけば、昼間買った靴が靴が夜には小さくなっていた、という間違いを防ぐ事が出来る。
また、長時間歩く場合は予め靴紐を緩めておくと足の血流を阻害しない。
通気性の悪い靴を長時間履いていると水虫になり易い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスくつ

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、ビデオ






「きかんしゃトーマスのビデオ」を価格順で探す








ビデオ(video、ヴィデオ)とは、狭義にはテレビジョン技術において、電気信号を用いた映像(映像信号またはビデオ信号)の処理技術と、それを利用した周辺技術全般に関わる用語である。

広義に用いると、コンピュータのディスプレイ装置など、テレビジョンで用いられるビデオ信号によらない画像を利用する機器全般に用いることも一般的である。基本的には、動画を扱う場合が多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスビデオ

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、絵本






「きかんしゃトーマスの絵本」を価格順で探す









絵本(えほん、英:Picture book)とは、主に幼児、児童のために、その主たる内容が絵で描かれている書籍のことである。幼児向けの内容のものが多いが、大人が読んでも読み応えのある絵本もある。大人向けと根本的に違うのは、その意図が教育的なものであるということ。絵本の本質は、絵と言葉による幼児、児童のための学習絵詞である。

その意味で、最古の教育絵本は、宗教改革の時代にチェコのボヘミア地方出身の教育者ヨハン・アモス・コメニウスが作ったとされる『世界図絵』で、今日の学習絵本の元祖といわれている。

現代では最初から大人をメインターゲットとした、芸術性の高い絵本も製作されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマス絵本

きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、DVD






「きかんしゃトーマスのDVD」を価格順で探す









DVD規格決定時にはDigital Versatile Disc(デジタル多用途ディスク)や、一部ではDigital Video Discの略とされていたが、略称は設けず正式名称がDVDだった。DVDフォーラム設立時にDigital Versatile Discと正式に定められたと言われているが、一方でDVDフォーラムはDigital Versatile Discを正式名称とする合意には至ってないという主張もある。いずれにせよ、現在は「DVD」という普通名詞として市民権を得ている。一般的に「DVD」という場合は、DVD-Videoを指すことが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマスDVD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。