きかんしゃトーマスのおもちゃといえば、絵本






「きかんしゃトーマスの絵本」を価格順で探す









絵本(えほん、英:Picture book)とは、主に幼児、児童のために、その主たる内容が絵で描かれている書籍のことである。幼児向けの内容のものが多いが、大人が読んでも読み応えのある絵本もある。大人向けと根本的に違うのは、その意図が教育的なものであるということ。絵本の本質は、絵と言葉による幼児、児童のための学習絵詞である。

その意味で、最古の教育絵本は、宗教改革の時代にチェコのボヘミア地方出身の教育者ヨハン・アモス・コメニウスが作ったとされる『世界図絵』で、今日の学習絵本の元祖といわれている。

現代では最初から大人をメインターゲットとした、芸術性の高い絵本も製作されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by だいぶらんど at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | きかんしゃトーマス絵本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。